ウィナップへの想い

ウィナップへの想い

ウィナップは、1990年代に、ワックスに代わる床用コーティング剤として株式会社玄技術研究所によって開発され、2001年に全国ビルメンテナンス協会の機関誌「ビルメンテナンス」での発表を機に数多くの施工業者が取り扱いを始めました。
当初はコンビニエンスストアやスーパー、飲食店や美容室など様々な場所で施工されていました。
特に医療施設においては評価が高く、2002年には「月間ナースデータ2002」でウィナップの紹介がされ、施工実績も増えていきました。
しかし、ウィナップは性能が高い反面、施工時間が長くコストが高いことや、施工が難しいなどの弱点がありました。
また、同時期に他社製コーティング剤も普及しはじめ、取扱業者は、性能よりも施工しやすく低価格なコーティング剤を選ぶようになり、ウィナップを取り扱う施工業者が減少してきた経緯がありました。
そのような中で、近年では床材に最初からUVコーティングが施されたノンワックス床材なども普及し始めました。
床へのコーティングが改めて見直され、病院や保育園をはじめ、様々な施設で衛生管理に対する意識が向上してきたこともあり、2013年頃から当時施工会社であった弊社と株式会社玄技術研究所との共同で現在のニーズに合致した製品へと開発を始めました。
以前の水性ウィナップを抜本的に見直し改良を行い、新しいウィナップシステムが誕生しました。

20年以上の経験と失敗から、塗膜性能を以前よりもはるかに向上し、施工性も改善することができました。
これから、このウィナップシステムを改めて広めていき、様々な場所で床の安全と衛生に貢献したいと私たちは考えています。

開発から20年
旧ウィナップからの改善点

Product Transition
「抗菌・帯電防止」ウィナップSAX編
水性であった以前のウィナップでは構造上、親水基が含まれていましたが、溶剤系に変えることで余計な不純物を取り除くことができ塗膜の性能(耐汚染性、耐摩耗性など)が向上しました。
水性であった以前のウィナップでは構造上、親水基が含まれていましたが、溶剤系に変えることで余計な不純物を取り除くことができ塗膜の性能(耐汚染性、耐摩耗性など)が向上しました。
旧ウィナップは水性であったため、乾燥時間が長く必要でしたが、溶剤系に変えることで乾燥時間が大幅に早くなり作業時間を短縮することができました。
旧ウィナップは水性であったため、乾燥時間が長く必要でしたが、溶剤系に変えることで乾燥時間が大幅に早くなり作業時間を短縮することができました。
新ウィナップSAXには銀系抗菌剤による抗菌性能が追加されました。
新ウィナップSAXには銀系抗菌剤による抗菌性能が追加されました。
新ウィナップSAXには帯電防止性能が追加されました。
新ウィナップSAXには帯電防止性能が追加されました。
旧ウィナップは水性であることから液性が非常に不安定で、長期保存ができなかったため、コーティング剤のロスが多く費用も高額でしたが、新ウィナップSAXは溶剤系であることから液性も安定し、長期保存が可能になり、コーティング剤も以前に比べると低価格化が可能になりました。
旧ウィナップは水性であることから液性が非常に不安定で、長期保存ができなかったため、コーティング剤のロスが多く費用も高額でしたが、新ウィナップSAXは溶剤系であることから液性も安定し、長期保存が可能になり、コーティング剤も以前に比べると低価格化が可能になりました。

旧ウィナップに唯一劣るのは水性ではなくなったことです

水系の弱点を克服するために溶剤系として生まれ変わり多くの改善が可能になりましたが、逆に水系の良さを失いました。
そこで、新ウィナップSAXは臭いの少ない溶剤を使用することにより、施工時の臭いは若干ありますが、安心して施工できるようになりました。

「超耐久」ウィナップVCB編

━ 旧ウィナップからの改善点 ━

以前のウィナップは水性であったため、コート剤塗布後乾燥時間が長く必要でしたが、無溶剤系に変えることで塗布後すぐにUV照射が可能で作業時間を短縮することができました。
以前のウィナップは水性であったため、コート剤塗布後乾燥時間が長く必要でしたが、無溶剤系に変えることで塗布後すぐにUV照射が可能で作業時間を短縮することができました。
新ウィナップVCBは、旧ウィナップの4~5倍の厚い塗膜を形成し床材を長期間保護することが可能になりました。また塗膜表面に凹凸があるため、キズが目立ちにくく、けもの道などの光沢差ができにくくなりました。
新ウィナップVCBは、旧ウィナップの4~5倍の厚い塗膜を形成し床材を長期間保護することが可能になりました。また塗膜表面に凹凸があるため、キズが目立ちにくく、けもの道などの光沢差ができにくくなりました。
塗膜表面の凹凸によりノンスリップ効果を更に向上させることができました。
塗膜表面の凹凸によりノンスリップ効果を更に向上させることができました。
塗膜表面の凹凸によりヒールマークやタイヤ痕などが付きにくくなり、汚れが目立ちにくくなりました。
塗膜表面の凹凸によりヒールマークやタイヤ痕などが付きにくくなり、汚れが目立ちにくくなりました。
旧ウィナップは水性であることから液性が非常に不安定で、長期保存が出来なかったため、コーティング剤のロスが多く費用も高額でしたが、新ウィナップVCBは無溶剤系であることから液性も安定し、長期保存が可能になり、コーティング剤も以前に比べると低価格化が可能になりました。
旧ウィナップは水性であることから液性が非常に不安定で、長期保存が出来なかったため、コーティング剤のロスが多く費用も高額でしたが、新ウィナップVCBは無溶剤系であることから液性も安定し、長期保存が可能になり、コーティング剤も以前に比べると低価格化が可能になりました。

旧ウィナップに劣る点

塗膜が厚いため、塩ビ床材など柔らかい床材には使用できなくなりました。
ウィナップVCBはフローリングやコンクリートなど、硬い床材でのみ使用できます。

お問い合わせ・資料請求

Inquiry & Document request

ご返答は5営業日以内にさせていただきます。

お問合せ・資料請求・見積は

0120-229-034
株式会社ケアマスター

  • 〒590-0924
    大阪府堺市堺区桜之町東1-2-3
    [ Google Map ]
  • [ TEL ] 072-229-3033
  • [ FAX ] 072-229-3319
  • [ Mail ] info@caremaster.jp
  • [ Web ] http://www.caremaster.jp